「ひろがる格差」

「ひろがる格差」

 

 

今現在、赤ちゃんがいる家庭や、小学生のいる家庭では、貧困格差が広がっているといえるでしょう。現代の日本では、教育格差などが広がっているといわれています。

 

たとえば、さらに、赤ちゃん、小学生のいる家庭でも母子家庭などがあります。こういった母子家庭は貧困層なども非常に多く、色んな面で格差があるとされています。

 

具体的にどのような格差があるのでしょうか。

 

最近では、データによると、母子家庭の貧困率は5割以上とされています。これらの平均世帯年収は180万円程度で、さらに、こういった家庭では働いても働いても楽にならない状態であるとされています。

 

こういった世帯とそうでない世帯では、かなりの教育格差などが生まれてしまうといえます。

 

なぜなら、最近では、赤ちゃんでも習い事などに通うことが出来る時代となっています。脳の発達に良いとされている教材だったり、あるいは英才教育などを端役から始めることが出来る家庭も少なくありません。しかし、こういった教育は家計に余裕があって初めて出来るものとなります。十分な教育を受けさせてあげることが出来ないこういった家庭は増えているのです。また、小学生になるに連れて、さらにこれらの格差はどんどんと広がっていきます。学力の差などが出てくることはもちろんですが、さらに周囲の環境なども、経済レベルによって異なってくるのです。

 

シングルマザーであるから、このように習い事が出来ない…という方の場合、どのようにすればいいのでしょうか。

 

まず、このような貧困の連鎖を断ち切るためには、自分自身が稼げる手に職を身につけておくということが何よりも大切です。たとえば、自分がシングルマザーになってしまい、貧困層になってしまった…というのであれば、子供には稼げる手に職などを習得させることが大切なのではないでしょうか。

 

そうすることで、将来的に、もしも離婚をしてしまったり、何か人生であったとしても、自分の手で稼ぐことが出来ます。

 

教育格差が生まれているという現状ですが、お金をかけずとも仕事を得る方法や手段は今はたくさん溢れています。このため、将来的に困らないようなスキルを、お金をかけずにいかに身につけさせるのか…ということが大切なのです。

 

 

体験談ではありませんが、投稿ご意見の一つです。

 

関連ページ

「ドッグカフェの常連に。」
「ドッグカフェの常連に。」
「赤ちゃん時代からの貧困格差」
赤ちゃん時代からの貧困格差
「母子家庭の貧困格差」
母子家庭の貧困格差